HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 カラスウリ カラスウリ 眉山 カラスウリ
【 ウリ科 カラスウリ属 】


 7月の下旬,ガードレール越しに,カラスウリの蔓草が見られた。葉は表面に毛が多く,さわるとふわふわでざらざらした感じがして,キカラスウリの葉に比べると光沢がない。
 花は白色で5つに分裂して,縁は裂ける。キカラスウリの花によく似ているが,カラスウリの方が花冠の裂片の先が細いのが特徴的だ。また,キカラスウリより萼筒が長い。

 名前の由来には,果実をカラスが好む・果実をカラスが食べないで残した・種子の色がカラスのように黒いなどの諸説が一般的に言われるが,ややピントこない。本当の名前の由来は,カラスではなく,鯔(ぼら)の卵巣を塩付けにして干した唐墨(カラスミ)の色が,カラスウリの実の熟した赤色に似ていることではないかと考えている。鯔は,成長につれて名が変わる出世魚で,唐墨はおめでたいときに使われる料理。カラスウリの実にもそんな由縁をかついでもいいなかと感じている。

 別名は,玉章(タマズサ)で縦に隆起した帯がある種子を結び文にたとえたことが由来である。
 実の中には無数の黒い種があり,その形が打ち出の小槌に似ているので「大黒様」と呼ばれ,財布の中に入れておくとお金に不自由しないと言われている。

 秋〜冬に,山麓や谷間の小路を歩いていると,ラグビーボールのような形をしたカラスウリの赤い実に出会う。夏のころの風変わりな花を見て以来,すっかり忘れているつる草だが,実の美しさは何かの夢をもっている気がして,はっと立ち止まってしまう。

カラスウリ 写真
カラスウリ 写真
カラスウリ 写真
カラスウリ 写真
カラスウリ 写真
カラスウリ 写真