HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 メハジキ メハジキ 眉山 メハジキ
【 シソ科 メハジキ属 】


 7月の下旬,ガードレール越しに,立派な背丈のメハジキが見られた。
 花はピンク色の唇形で,茎に沿って咲いていた。花冠が上下2唇に分かれていて,下唇は3裂しながら,さらに中央裂片が浅く2裂している。その中央裂片には赤紫の筋の模様が目立ち,この色合いがメハジキの花のかわいらしさを引き立てているように思えた。

 名前は,昔,子どもが短く切った茎をまぶたにはさんで目を開かせて遊んだことからメハジキ(目弾き)である。現代の子どもが目を開かせて遊ぶものと言えば,テレビゲームになってしまうかもしれない。別名では,ヤクモソウ(益母草)とも呼ばれており,こちらは花の時期に全草を採り,乾燥したものを産前産後の保健薬として用いたことに由来している。

 メハジキのおもしろいところは,根生葉と茎葉の形が大きく異なっている点である。
 根生葉は,卵心形で長い柄がある。秋に芽生えて,花期には枯れてしまう。一方,茎葉は披針形または線形で,深く3裂し,裂片がさらに羽状に切れこんでいる。この茎葉が発達してくるころには,根生葉は見られないことが多い。同じ草本において,葉の部位によって,これだけの変化があることは,驚くべき事実である。

メハジキ 写真
メハジキ 写真
メハジキ 写真
メハジキ 写真
メハジキ 写真
メハジキ 写真