HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ツルウメモドキ ツルウメモドキ 眉山 ツルウメモドキ
【 ニシキギ科 ツルウメモドキ属 】


 年が明けた新年,眉山をドライブしていると,車道左側にあるオレンジ色のツルウメモドキの実がまばゆい美しさで,通りがかる人の目を引いていた。
 オレンジ色に熟しているのは殻の部分で,この殻が3〜4枚に裂開すると,中から朱色の仮種皮に包まれた種子が表れてくる。私が見たときは,まだ殻が裂開していないオレンジ色の殻に包まれた実が多かったが,もう少しすると,ツルウメモドキの一番の美しさである「朱色の実と裂開したオレンジの殻とのコントラスト」が見られるのではないだろうか。

 名前は,赤い実がモチノキ科のウメモドキに似ていて蔓性であることに由来がある。素朴ではあるが美しさに趣があることから,よく年末の生花の材料として使われている。
 冬のツルウメモドキの実は,野鳥たちとっては貴重な食料にもなる。私が見とれていると,ちょうどメジロがツガイでやって来て,ツルウメモドキの実を必死についばむかわいらしい姿が見られた。

ツルウメモドキ 写真
ツルウメモドキ 写真
ツルウメモドキ 写真
メジロ 写真
メジロ 写真
ツルウメモドキ 写真
ツルウメモドキ 写真
ツルウメモドキ 写真