HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 アオモジ ア オ モ ジ 眉山 アオモジ
【 クスノキ科 ハマビワ属 】

 
 よい香りをさせるクスノキ科の代表的な種の1つである。枝を手にとり,においをかぐと鼻全体にレモンに似た濃い香りが漂ってきた。クスノキ科なので芳香があるのは当然かもしれないが,徳島でよく目にするクスノキやタブノキ,ヤブニッケイなどとは
一味違う高級感のあるにおいに感じる。
 葉は先が長く尖っていて,裏面には粉白色が見られた。また,手触りとしは薄い感じがした。
 果実に強い辛味があることから,別名をショウガノキ(生姜の木)・コショウノキ(胡椒の木)と呼ばれている。果実の辛味については未体験なので,果実ができる秋に試してみようと思っている。

 1月には蕾が見られ,3月の花の準備が進んでいた。葉も完全な枯れ葉ではなく,最後の力を振り絞っているようだった。これが私には,働く人間の引き継ぎの季節感にも似ていて,わびしく感じられた。

 名前は,楊枝を作るクロモジ(黒文字)に似て枝が緑であることに由来して,アオモジ(青文字)である。材は,クロモジと同様に爪楊枝(和菓子などに添えられるような爪楊枝)に用いられるので,クロモジに次いで高級感のある樹木と感じている。
 その昔,公家(朝廷に奉仕する貴族)の人たちのみが使っていた「モジ詞(ことば)」というのがあったらしい。調べたことを記してみると,次のようなものがあった。

 かもじ⇒髪の毛  しゃもじ(そのまま)  すもじ⇒寿司  そもじ⇒あなた  ゆもじ⇒こしまき

 眉山病院で過ごしている方に,“モジ詞(ことば)”の歴史的事実と,アオモジの芳香の素晴らしさを心から届けたい。

アオモジ 写真
アオモジ 写真
アオモジ 写真
アオモジ 写真
アオモジの蕾 写真
アオモジの蕾 写真
アオモジの蕾 写真
アオモジの蕾 写真