HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 アツバキミガヨラン アツバキミガヨラン 眉山 アツバキミガヨラン
【 リュウゼツラン科 キミガヨラン属 】

 
 種子名の「グロリオサ」を栄光あると解釈し,「君が代も栄えある」が転訛しててキミガヨランである。学校や庭で,ときどきお見かけするのも,そういった縁起をかついでのことかもしれない。アツバとつくのは,おそらくキミガヨランに比べると葉が厚く,葉先まで尖っていることからだろう。アツバキミガヨランに比べると,キミガヨランは葉の先が少し垂れているようだ。
 葉の根元から花序を伸ばし,その先に黄白色(白みの方が強い)をした釣鐘状のきれいな花をつけていた。キミガヨランの花もよく似ているが,少し小さめでクリーム色をしており,花の数をアツバキミガヨランよりもたくさんつけるらしい。私が今まで見たアツバキミガヨランの中には,根元から葉を支えるように茎が伸びていている株状のものもあった。株状のものは,アツバキミガヨランの特徴なので,判断基準の一つにもなると思う。
 私は,この木を見ると,「あなたの代(君が代)がいつまでも繁栄しますように」と祝福してくれているように感じる。上の世代から自分の世代,下の世代へと,順々に世代交代していくのが世の中の常で,そこにはかなさと後継していく美しさがある。確かに,次の代へ引き継ごうとゆずる気持ちは大切である。日本人の感覚としては,そこを美徳の一つとされているような感もある。ただ,その美徳だけで人生を終えるのは惜しい。生を与えられている間は「最後まで自分の代である」ぐらいの気概と決意,そして少しだけの図々しさをもって充実した人生を過ごしたいものだ。

アツバキミガヨラン 写真
アツバキミガヨラン 写真
アツバキミガヨラン 写真
アツバキミガヨラン 写真