HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 バショウ バ シ ョ ウ 眉山 バショウ
【 バショウ科 バショウ属 】

 
 
一般には樹木と思われているが,大型の多年草である。中国原産で,日本には古くに渡来し,日当たりのよい暖地で植栽されている。私が見たバショウの背丈は3mほどあり,非常に大きな葉っぱをつけていたが,これでも草というのが信じられない。ちなみに,バナナ(実芭蕉と言われる)も同種であり,バナナに似た実をつけるが,バショウの実は食べられない。一般的に徳島で見られるのは,ほとんどがバショウと考えてよいのではないだろうか。
 江戸時代に長崎にいたシーボルトが,この芭蕉を「ムサ・バショウ」という学名で発表したという話もある。「ムサ」とは バナナの仲間を意味する学名で,イギリスでは,バショウを ジャパニーズ・バナナと呼んでいたようだ。
 
かの有名な松尾芭蕉が自分の名前に芭蕉とつけたのも,このバショウからという言われがある。深川の庭に弟子が,当時珍しかったバショウを植えた。そのバショウをこよなく愛したところから,自分の名前を芭蕉としたらしい。松尾芭蕉が,自分の名前にまでするほど魅力を感じたこのバショウ。私が特徴的だと感じたのは,多年草でありながら,一般の樹木の葉の数倍はあるこの葉っぱのサイズ。
「この大きいのも,この小さいのもどちらも草です。大きくても小さくても,どちらも立派ですね。」
 バショウと他の草を見せながら,子どもたちにこんなことを伝えていきたい。
 「みんなちがって,みんないい」という個性の大切さを詩や格言を用いながら教えるのも確かにいい。
しかしそれと同時に,自然を実感させながら物事を考えさせる教育も,物があふれる豊かな時代だからこそ必要ではないかと感じている。

バショウ 写真
バショウ 写真
バショウ 写真
バショウ 写真