HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 デュランタ デュランタ 眉山 デュランタ
【 クマツヅラ科 デュランタ属 】


 7月下旬,眉山病院の敷地に入ってすぐ左側に,やや斜めに枝を伸ばしているデュランタを見た。
近所を散歩していてよく見るのが紫色に白の覆輪が入るこのタイプで,品種名で言うとタカラヅカ(宝塚)という。他には,白花を咲かせるアルバ(Alba)というのがあるようだが,今のところ見たことはない。

 名前のDurantaは,ローマ法王の侍医で植物学者でもあった「デュランテスさん」の名前に由来している。別名をタイワンレンギョウとも呼び,常緑の低木である。メキシコ地方原産で,明治中期頃に渡来したものである。丈夫で栽培が容易なためか,ここ最近,夏にはよく見る花である。

  紫色のすがすがしい花色は,春に咲くノダフジのさわやかさを思い出させてくれる。秋になると,艶のあるオレンジ色の小粒の実ができ,観賞用としては楽しめそうである。

デュランタ 写真
デュランタ 写真
デュランタ 写真
デュランタ 写真
デュランタ 写真
デュランタ 写真