HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ヒオウギ ヒオウギ 眉山 ヒオウギ
【 アヤメ科 ヒオウギ属 】


 7月下旬,眉山病院の敷地に入って奥の方に入っていくと,ごく小さな神社があり,その脇にヒオウギがあった。花はもう少しで咲きそうな黄色い蕾の状態で,8月に入ってから開花しそうな感じであった。
 開花すると,赤色の斑点がいくつもある橙色の6弁花になる。1日花であるが,毎日と次々に咲く美しさは,真夏であってもたいへん見ごたえがある。

 名前は,葉が何枚にも重なり合っているところが平安時代の貴族の持つ桧扇に似ていることに由来している。もともとは山野草だが,古くから栽培されていて,今では園芸草花としての扱いも強いような気がする。

 ヒオウギは丸くてつやのよい黒い実の姿から,カラスオウギ(烏扇)との別名でも親しまれている。
実は,「射干玉(ぬばたま)」もしくは 「烏羽玉(うばたま)」と呼ばれ,万葉集には黒、夜、宵、月等の枕詞として登場する。それだけ,この実に古代の人たちは魅力を感じていたのかもしれない。

 「ぬばたまの 夜の更けゆけば 久木(ひさぎ)生(お)ふる 清き川原に 千鳥しば鳴く」  山部赤人
 「ぬばたまの 夜さり来れば  巻向(まきむく)の 川音(かはと)高しも 嵐かも疾(と)き」 柿本人麻呂

ヒオウギ 写真
ヒオウギ 写真
ヒオウギ 写真
ヒオウギ 写真