HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 イヌビワ イ ヌ ビ ワ 眉山 イヌビワ
【 クワ科 イチジク属 】


 イヌビワは,果実がビワに似ているが,味が劣るところから名が付けられた。実際には,ビワの仲間ではなくイチジクの仲間になる。

  夏になると,基部がハート型で先が尖るイヌビワの葉に,イシガケチョウの幼虫がたくさん見られる。
 イシガケチョウは名前の通り,翅の模様が南国にある石垣に似たユニークなチョウ。眉山でイシガケチョウの幼虫をたくさん採り,どんなふうに成虫に羽化するのか見てみたいものだ。

 イヌビワは雌雄異株だが,果実そのものの中に花あるいは実が入っているので花嚢(かのう),果嚢(かのう)と呼ばれている。そのためか,外から見たら今が花の時期なのか実の時期なのかよく分からない。イヌビワは「無花果」と書かれる。花が開かないので(実際は,果実のような袋状の器官内部に花序をびっしりつける),花がないように思えるというところだろうか。
 さて,ここで生まれてくる疑問が,
 「雄花と雌花が分かれていて,しかも花が開かないのにどうやって受粉するのか?」である。
 じつは,イヌビワはイヌビワコバチという小さなハチが入り込んでいて,この虫が専門的に花粉を運んでくれるのだ。4〜6月ごろに花が咲くと,イヌビワコバチは雄花に潜りこみ,中で産卵する。そこでハチの子どたちが成長する。雄花嚢で育ったイヌビワコバチは雌花に入り,自分の生まれた雄花を出るときに体に着いた花粉を雌しべに振りかけているらしい。

 こうやって考えると,イヌビワとイヌビワコバチ,こんな小さな世界にも植物と昆虫の共生が見られる。植物と昆虫という別世界に住む個体同士が共生している現実に,人間も学ぶところが多い。
 年齢や性別,出身,身体など様々な点で誰1人として同じ人間は存在しない。ひがみあったり見栄をはりあったりすることに懸命にならず,お互いを尊重する気持ちで過ごしていきたい。

イヌビワ 写真
イヌビワ 写真
イシガケチョウの幼虫 写真
イヌビワ 写真
イヌビワ 写真
イシガケチョウの幼虫 写真
イヌビワ 写真
イヌビワ 写真