HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 クマノミズキ クマノミズキ 眉山 クマノミズキ
【 ミズキ科 ミズキ属 】

 
 山地や林内に自生している落葉樹である。三重県の熊野地方で発見され,ミズキに似ている木ということでクマノミズキという名がついたと言われる。「水木」とは,春先になると根の給水力が最も強くなり,枝を折ると水(樹液)が滴ることに由来している。
 このクマノミズキはミズキに比べると,葉っぱの幅が狭く対生(ミズキは互生)している点が異なっている。また,ミズキより開花が1カ月ほど遅く花をつける。葉っぱの裏面を見てみると,ミズキと同様にやや粉白色を帯びていた。
 5/24に撮影したときには,まだ蕾の状態であった。初夏をむかえると花が咲くということで,2週間経った6/6に見てみると,まばらに黄白色の小花が見られた。蕾から開花にむけて,白さを帯びていく変化の様子が感じとれた。

 ここのクマノミズキは,崖沿いに斜めに成長しているため,開花を真近で見れるというよさがある。
ぜひ,眉山病院で過ごしている方に,街中の病院では見れない山野に自生しているクマノミズキの花の美しさを目にとどめておいてほしい。
 心や体が病んでいるとき,ふと目にとびこんでくる樹木や植物,昆虫や鳥など自然の姿を,どのように見て何を感じるか。こういった感受性そのものが,人生の豊かさに一つ幅をもたせてくれる。最近,そんなことをふと思うことがある。
 
クマノミズキ 写真
クマノミズキ 写真
クマノミズキ 写真
クマノミズキ 写真
クマノミズキ 写真
クマノミズキ 写真