HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ムラサキケマン ムラサキケマン 眉山 ムラサキケマン
【 ケシ科 ケマン属 】

 
 
眉山病院の敷地のヤマザクラやソメイヨシノなどの桜の木が多く植わっている場所の裏側,確かクリの木が植わっている足元だったと思うが,ムラサキケマンが花をつけていた。

 華鬘(けまん)とは,仏像の胸につけられた装飾品のことである。ケマンソウがその形に似ていて,ムラサキケマンはそのケマンソウの花に似て紫がかったことに名の由来があると思われる。
 日陰のやや湿った場所に生える1年草で,花は紫色でおもしろい筒状の形をしている。葉は,細かく裂けて裂片に深い切れ込みが見られた。

 草木全体に独特の臭気をもっている毒草である。ウスバシロチョウの食草で,ウスバシロチョウの幼虫は,この葉を食べて成長することにより,毒蝶に育ち,鳥から我が身を守っている。
 植物と蝶の関係も,こう考えると,どうしてこんなにもよくできているのだろうと感心させられる。

ムラサキケマン 写真
ムラサキケマン 写真
ムラサキケマン 写真
ムラサキケマン 写真