HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ネジキ ネ ジ キ 眉山 ネジキ
【 ツツジ科 ネジキ属 】

 
 
アカマツ林やコナラ林などの日当たりの良い場所に自生する5〜6mぐらいの落葉中木。
 幹がねじれて見えるので,ネジキと言う。ねじれ方は,若木よりも成木の方が顕著なようだ。若い枝や新芽が,塗り箸のように見事な赤色を帯びていることから,別名を「アカギ」「アカメ」「ヌリバシ」などとも言われるらしい。
私が見たときは,もう花が咲く時期で,その赤色を目にすることはなかった。

 ネジキは,つぼ型の小さな花を下向きに数多くつけるのが特徴的だ。花の姿としては,アセビに似ている感じがする。地味だが清楚な美しさをもっている花だ。
 葉は全体的に波打っていたが,これといった特徴を成すものではなかった。ただ,この葉はアンドロメドトキシンという毒成分を含んでおり,ネジキは動物の食害を受けることはないようだ。

 
ネジキに例えて言うならば,今の世の中,子どもも大人もせわしなく時間に追われて生きているようで,どこかねじれているように思える。このねじれに振り回されて,自分を見失ってしまっては何のための人生か分からない。社会的な立場だけで,物事を見つめてしまう悲しい人間にならないように,豊かな感性をもって生きていきたい。

ネジキ 写真
ネジキ 写真
ネジキ 写真
ネジキ 写真
ネジキ 写真
ネジキ 写真