HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ノグルミ ノグルミ 眉山 ノグルミ
【 クルミ科 ノグルミ属 】

 
 西日本の日当たりのよい山林に自生している。浜松市から来た知り合いの方(樹木について私よりも詳しい)が一緒に眉山を登ったときに,「ノグルミは始めて見た」と言っていたので,やはり西日本独特の樹木なのかもしれない。樹がクルミに似ていて,野に生えることからノグルミと言われている。
別名の「ノブノキ」は,“野に生えるブナの木”が転訛したものである。

 葉は互生の奇数羽状複葉で,小葉を5〜7対ほどつけている。小葉は,先端が鋭くとがり、ふちにはとがった鋸歯があり、柄がほとんど見られなかった。ノグルミの葉は有毒で,昔はこの葉をすり潰して川や池に流して魚を捕獲する魚毒として利用されたようだ。
 6月になると,上に伸びていくように松かさ状の花序がついていた。観察の通り,文献にも『花序や果穂が直立するのはクルミ科の中ではノグルミだけである』と掲載されていた。

 一番下の写真に,A先生が徳島から持ち帰ったノグルミの実をご自宅で発芽させた様子を掲載させていただいた。芽だしの葉を小さく4枚つけていて,非常にかわいらしい。私も,ヒメグルミとウバメガシの発芽体験を通して,種子から育てる大切さを学んだ。成木がどんなふうな実(種子)をつけるかで終わっては,自然を感じる手立てとしてはもったいない。その種子がどんな発芽をして大きくなっていくのか観察することで,その樹木に対して新たな発見をすることができるのではないだろうか。
「子どものころから,全く変わっていないなあ」「子どものころとは,別人みたいだよ」
樹木にもこの2種類があるのではないかと予想している。
 
ノグルミ 写真
ノグルミ 写真
ノグルミ 写真
ノグルミ 写真
ノグルミ 写真
ノグルミ 写真
ノグルミの実が発芽した写真
ノグルミの実が発芽した様子【浜松市在住のA先生が徳島から持ち帰ったノグルミの実を発芽させてくれました】