HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 リョウブ リ ョ ウ ブ 眉山 リョウブ
【 リョウブ科 リョウブ属 】

 
 
日当たりの良いアカマツ林や落葉樹林内に自生していることが多い。写真は,若木のため滑らかな一層の樹皮であるが,成木・老木になると,剥がれて白や橙,茶褐色などのまだら模様になる。
 成木の樹皮を初めて見たとき,サルスベリやヒメシャラの樹皮をイメージした。樹皮は滑らかで美しいので材を床柱に用いられるようだ。確か徳島植物園のクイズコーナーで,リョウブが正解である問題のヒントに,そんなことが書いてあった気がする。(床柱と言えば,イヌエンジュを想像するが・・・)

 名前は,新芽や若葉を生食や乾燥させて保存するなど,救荒植物としての採取と貯蔵を命じた令法(リョウボウ)に由来する。葉は枝先に集まり,葉縁に鋭い細かな鋸歯がある。葉の裏面は灰白色を帯びていて,葉柄には少し赤みが見られた。昨年の果実も残っており,3〜4mmの球形が縦に連なっていた。

 このリョウブ,若葉をてんぷらにしたり「令法飯(りょうぶめし)」と言われる炊きこみの一品にしたりと,山菜として食用にされている話をよく聞く。歴史的に考えてみると,山国の日本では飢饉が多くあり,そんなときの備えとしてこのリョウブは重宝されたのだと想像する。リョウブは“領分(りょうぶ)”と書くこともできるので,自分の領分として守るべき食料としての木だったと予想したい。このリョウブも,日本の武士たちを支えてきた立派な樹木の一つに挙げられるのではないだろうか。

 7月になると見られる白い花を咲かしたリョウブは「昆虫たちのレストラン」になっている。そいういえば,カミキリムシの新種がリョウブの花で発見されたという話を,以前にK先生から教えてもらったことがある。

リョウブ 写真
リョウブ 写真
リョウブ 写真
リョウブ 写真
リョウブ 写真
リョウブ 写真
リョウブ 写真
リョウブ 写真