HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 シナレンギョウ シナレンギョウ 眉山 シナレンギョウ
【 モクセイ科 レンギョウ属 】


 
 眉山病院の入口の片側に,まばゆい黄色の花が
鮮やかに来訪する方を出迎えてくれている。何かと思って近くまで行くと,春の黄色い花の代名詞の1つと言っても過言ではないシナレンギョウ。支那とは現在の中国のことで,シナレンギョウとは中国原産のレンギョウを表している。
 レンギョウとは,草本であるトモエソウ(巴草)をこの木本と誤用したところから,トモエソウの漢名である「連翹」の名がついたと言われている。

 この春,レンギョウ・シナレンギョウ・チョウセンレンギョウの3種の見分け方を次のように学んだ。
○ 花弁にふっくらと丸みがあるレンギョウに比べると,他の2種類は花弁が細長い。
○ レンギョウとシナレンギョウは雄しべより花柱が長く,チョウセンレンギョウはその反対である。
○ レンギョウの枝葉よく伸びて垂れるが,シナレンギョウの枝は立ち上がり,ほとんど垂れない。
○ 枝の断面図は,レンギョウはしきりがある。シナレンギョウはしきりがなく,薄板がある。
 チョウセンレンギョウは,しきりと薄板の両方がある。

 中央公園や文化の森総合公園で見たのも,このシナレンギョウであった。他の2種類を,私は見かけないのだが,花屋さんで売られているのは,確かレンギョウであったように思う。

シナレンギョウ 写真
シナレンギョウ 写真
シナレンギョウ 写真
シナレンギョウ 写真
シナレンギョウ 写真
シナレンギョウ 写真
薄板でおおわれている枝の断面図(節ごとの「しきり」は見られない)