HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 テーダマツ(忌部神社) テーダマツ(忌部神社) 眉山 テーダマツ(忌部神社)
マツ科 マツ属


 大道の通りの中華そば屋さんを西へ曲がり,しばらく階段を登っていくと,忌部神社がある。
 昔,母方のおじいちゃんの家が大道にあり,よく眉山に登りに連れていってくれた。そのとき,この忌部神社を横切る道順で登っていたので,記憶にはあるのだが,足を運んだことはなかった。その忌部神社に,たいへん立派なテーダマツがそびえ立っていたことは,私にとっては大きな驚きであった。


 古来より日本では,マツは神が宿るともされる神聖な樹木なので,神社にマツが植えられているのはよく分かるのだが,なぜ北アメリカ南東部原産のテーダマツが植えられているかは,謎だ。
 
マツであれば何でもよいのだろうか。古来よりのマツの意味合いを考えるのであれば,日本原産のクロマツの大木の方が似合うと思うのだが・・・。それを区別することに,だれも意識が向いていないのか。「不易を大切にする,昔からの歴史を重んじる」といった風潮こそ,今の日本人に一番欠けているところだと強く感じている。
 
テーダマツ(忌部神社) 写真
テーダマツ(忌部神社) 写真
テーダマツ(忌部神社) 写真
テーダマツ(忌部神社)