HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ヤマノイモ ヤマノイモ 眉山 ヤマノイモ
【 ヤマノイモ科 ヤマノイモ属 】


 7月下旬,眉山のどこを歩いても,蔓植物の代表格に挙げられるヤマノイモが見られた。めっぽう暑さに強くて,身近な場所から山林のあらゆる場所まで目にすることができる。
 葉は基部から見ると,ハート型に似た三角状長心形。1つ1つを見るとかわいいのだが,あまりの繁殖力の強さに,そのかわいらしさを吹きとばすほどの生命力を感じさせる。


 名前は,文字通り山地に生えるイモ(芋)に由来し,サトイモ(里芋)に対する形でつけられた。別名のジネンジョ(自然薯)も,山野に自然に生えるイモ(芋)の意味である。
 ヤマノイモの実は,十字型をした3つの翼が3方向に出て,特徴的な形をしている。オニドコロの実に似ているが,オニドコロより丸みがある横長の翼で,しわがないすっきりした形をしているように感じる。

 ちょっと前まで,オニドコロヘクソカズラと混同していたが,それらとの違いは次の通りである。

 ○ オニドコロの葉は円心形〜三角状心形で,ヤマノイモより横幅があり,ふっくらとした印象。
 ○ オニドコロの葉は互生につくが,ヤマノイモはヘクソカズラと同様で,葉が対生につく。
 ○ ヘクソカズラの葉は緑色が濃く,ややハート型であるが,心形というより楕円形〜卵型に近い。

 ヤマノイモは雌雄異株で,雄花は葉腋から直立し,雌花は垂れ下がる。雄花の方がよく見られた。
 ヤマノイモは種子による繁殖方法以外に,葉腋にムカゴと呼ばれる小さなイモができるようだ。山林にこれだけ繁殖して見られる理由が,少し分かったような気がする。

ヤマノイモ 写真
ヤマノイモ 写真
ヤマノイモ 写真
ヤマノイモ 写真
ヤマノイモ 写真
ヤマノイモとヘクソカズラ 写真
(左)ヤマノイモの葉  (右)ヘクソカズラの葉
ヤマノイモの葉を食べて蛹になったキイロスズメ 写真
ヤマノイモの葉を食べて蛹になったキイロスズメ 写真
ヤマノイモの葉を食べて蛹になったキイロスズメ・・・・・『やまいも食べて,元気もりもり!』
ヤマノイモの実 写真
ヤマノイモの実 写真