HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ヤマザクラ ヤマザクラ 眉山 ヤマザクラ
【 バラ科 サクラ属 】


 眉山には,数えきれないほどのヤマザクラがある。その中でも,この眉山病院にあるヤマザクラは敷地内にあり,春になって花が咲いたときに患者さんが気軽に花見できる価値ある1本だと感じた。
 ヤマとつくのに,花の各部には毛が無いという事実は,ヤマザクラの七不思議の一つでもある。

 文字通り,山の中に咲くことからヤマザクラと呼ばれている。ソメイヨシノより花が小さく,開花したときの
大きな特徴は,必ず若い赤葉を一緒につけることである。そのため遠くから見ても,ヤマザクラには赤みが出ていて,すぐにヤマザクラであると分かる。サクラの花で覆われた眉山を遠くから見ると,ピンク色の中にヤマザクラの赤みが含まれていて,大変美しい。
 ヤマザクラの樹皮は典型的なサクラ肌をしており,ソメイヨシノに比べるとつやがあり,横向きの皮目の長さが長い。また,やや赤みがかった皮目のものが多いように感じている。樹皮の肌から,ヤマザクラが日本の野生の桜の代表的な種で,寿命が長いことを納得させられる。
 
 江戸時代には,サクラと言うとこのヤマザクラのことを指していた。その昔,豊臣秀吉が奈良の吉野でこよなく愛したサクラはヤマザクラだ。安土桃山時代に,豊臣秀吉が京都の「醍醐の花見」で観賞したサクラも,やはりヤマザクラ。
 
600種類以上の品種をもつサクラも,原点に振り返るとヤマザクラになる。日本古来から歴史を刻んできたヤマザクラの美しさを,サクラの花見では何より大切にしたいと思っている。

ヤマザクラ 写真
ヤマザクラ 写真
ヤマザクラ 写真
ヤマザクラ 写真
ヤマザクラ 写真
ヤマザクラ 写真
ヤマザクラ 写真
ヤマザクラ 写真