HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 コシダ コシダ 眉山 コシダ
【 ウラジロ科 コシダ属 】


 眉山には,林縁や明るく乾燥した場所にコシダの群生がよく見られる。マツ枯れした疎開した箇所において,このコシダの密生地が形成されるようだ。地下茎から葉柄を伸ばして葉を展開し,幾度か二岐を繰り返して羽状に深裂した葉をつけていた。密生した群落では葉柄が2mほどになり,葉柄でかごを編んだりするようだ。

 お正月の縁起物で,しめ縄飾りや鏡餅の下敷きなどに使われるウラジロと同属であるが,コシダの方が羽状葉の幅を細く小型にしたものなので,小羊歯(コシダ)と呼ばれる。今年の正月に我が家に飾ったしめ縄飾りにつけたウラジロと比べたときに,葉質はコシダの方が厚く,羽状葉についている小葉の数は少ないが小葉そのものはコシダの方が大きかった印象がある。

 コシダが目立ちすぎることは,樹木が枯れている事実を示すことだと思うので,コシダの群生は気をつけながら見ていきたい。

コシダ 写真
コシダ 写真
コシダ 写真
コシダ 写真
コシダ 写真
コシダ 写真