HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 クロバイ クロバイ 眉山 クロバイ
【 ハイノキ科 ハイノキ属 】


 年末と春先に,眉山にドライブに行ったときに見たクロバイ。車道の左側(登る自動車側から見たとき)の車を止める付近の場所に,植わっていた。眉山にクロバイがあることは,大きな発見であった。

 最初はシラカシと思っていたが,花芽がずいぶんと丸みを帯びていることに違和感を覚えていた。
クロバイだと決定的に確信したのは,新枝を手にしたとき。やや稜(線上の突起)のある新枝は,灰褐色で小さくて黒い斑点模様をたくさんつけており,クロバイの特徴そのものを表現していた。
 
見慣れている方によると,丸みのある花芽や葉の裏側が染みたように少し透けている感じも,クロバイの特徴のようである。

 クロバイの名は樹皮や枝が黒みを帯び,この木の枝葉を焼いた灰から,染色に用いる灰汁(あく)を採ることに由来している。別名のソメシバも染色の媒染剤として使われたことに由来している。染まる色は黒ではなく黄色で,お菓子の色づけにされたと学んだ。

クロバイ 写真
クロバイ 写真
クロバイ 写真
クロバイ 写真
クロバイ 写真
クロバイの新枝 写真

クロバイの新枝 写真
新枝についている黒い斑点模様
このページのトップへ

クロバイの新枝 写真
新枝についている黒い斑点模様
クロバイの新枝 写真
クロバイ 写真