HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 モチツツジ モチツツジ 眉山 モチツツジ
【 ツツジ科 ツツジ属 】


 年が明けた新年早々の休日,ちょっと早起きして眉山にドライブに行った。まだ寒い冬だと言うのに,車道の右(登る自動車側から見たとき)の山側に,早くもモチツツジの花が咲いていた。普通は,4〜6月ぐらいに花をつけるのだが,光の当たり具合がよいためでだろうか,ずいぶん早くに花をつけていたので驚いた。きれいなピンクの花弁が5裂の漏斗状になって,一部に濃紅色の斑点模様がつき,美しい。
 5本の雄しべが生き生きとした感じで伸びていて,今年の春の到来をだれよりも待ち望んでいるように思えた。


 モチツツジは花柄や萼に腺毛が生え,触れると粘ることに由来しており,別名「ネバツツジ」とも呼ばれる。これは,蟻のような小さな虫からの盗蜜を防御するための仕組みだと思われる。
 私が観察したときも,蚊のような虫が花柄や萼にびっしりとついて死んでいる姿が見られた。この粘着性はモチツツジにとっては大きな防御装置で,人間の力でも触れると苦労する。花の蜜をねらう虫たちにとっては,「ゴキブリホイホイ」のような大変なバリアになっていることだろう。

 徳島の山で他に見られるものに,ヤマツツジやコバノミツバツツジが挙げられる。モチツツジは,赤朱色の花をつけ,花柄や萼に褐色の毛をつけるが,モチツツジのようにネバネバした長い毛ではない。
コバノミツバツツジは,モチツツジより花期が早く,10本の雄しべをつける。三つ葉という名の通り,葉が3枚に輪生している。春になったら,徳島県の山林に咲く野生のツツジをゆっくりと楽しみたい。

モチツツジ 写真
モチツツジ 写真
モチツツジ 写真
モチツツジ 写真
モチツツジ 写真
モチツツジ 写真
モチツツジ 写真
モチツツジ 写真