HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 オオバヤシャブシ オオバヤシャブシ 眉山 オオバヤシャブシ
【 カバノキ科 ハンノキ属 】


 『かんぽの宿 徳島』まで1.6kmという案内板を通り過ぎて100mぐらい進んだ場所に,オオバヤシャブシがあった。樹高は10mで,樹皮が全面に網目状に裂けていて,この種の中では老木になると思う。

  名前は大きい葉のヤシャブシの意味で,ヤシャは松かさ状の球果が不気味で恐ろしい形相から「夜叉(やしゃ)」に譬えられ,ブシは五倍子(ふし)のようにタンニンを含むことに由来している。
 葉はシデの仲間に似たような重鋸歯をもち,卵形で基部がやや円形になっている。側脈の数は結構あるが,ヤシャブシに比べると少ないと言える。花序のでき方から,類縁のものとは次のように見分ける。

 ヤシャブシ → 枝の先に雄花,その下に雌花がつく。春に咲く雄花が集合して見える。
 オオバヤシャブシ → 枝の先から葉芽,雌花,雄花の順につく。春に咲く雄花は,分散して見える。
 ヒメヤシャブシ → 枝の先に雄花,その下に雌花がつく。球果は1つの果柄に3〜5個で垂れ下がる。

  ヤシャブシもオオバヤシャブシも山地に生育しているように感じている。オオバヤシャブシという大変荒々しい名前で,悪者にも思いがちだが,じつはその逆だ。根に共生する根粒菌の作用で,植物にとって重要な栄養となる窒素を空気中から取り込み土地を肥やしていく。そのため,荒地や痩せ地でも順調に生育し,造成地や山崩れ跡などで緑化樹として植栽もされている。

          ※夜叉(やしゃ)・・・古代インド神話に登場する鬼神    ※五倍子(ふし)・・・ヌルデの虫こぶから採れる生薬
オオバヤシャブシ 写真
オオバヤシャブシ 写真
オオバヤシャブシ 写真
オオバヤシャブシ 写真
オオバヤシャブシ 写真
オオバヤシャブシ 写真
オオバヤシャブシ 写真
オオバヤシャブシ 写真
オオバヤシャブシの雄花 写真
オオバヤシャブシの球果 写真
雌花の下について垂れ下がる雄花
秋になると雌花から,こんな球果が!