HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 センニンソウ センニンソウ 眉山 センニンソウ
【 キンポウゲ科 センニンソウ属 】


 眉山の車道を歩いていると,ときおり,ツル性のセンニンソウの葉が生い茂っている。ツル性で草本の一種であるが,文献には半低木となっている。確かに木本のような力強さで,他の樹木の枝に絡みついている姿が目立っていた。

 葉は対生し,3〜7枚の小葉からなる羽状複葉で,ふつう鋸歯は無い。ただ,3月下旬に見た最後の2枚の写真では,小葉に2〜3の切れこみがあった。花や果実がついていない時期は変異の幅が大きいので,注意して判断しなければいけない。
 8月のお盆あけぐらいに見たときには,4枚の花弁のように見える十字形の萼とパッと開いた多数の雄しべが,印象的な白い花を群がって咲かせていて,白いお化粧でかわいく彩られているように感じた。
 
 名前は,実の先端につく銀白色をした長い羽根状の毛を仙人のひげに見立てて,センニンソウ(仙人草)と呼ばれている。神秘的なこの実を,眉山で見たい気持ちはますます高まるばかりだ。
 
センニンソウ 写真
センニンソウ 写真
センニンソウ 写真
センニンソウ 写真
センニンソウ 写真
センニンソウ 写真