HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ツクシハギ ツクシハギ 眉山 ツクシハギ
【 マメ科 ハギ属 】


 10月下旬,『かんぽの宿 徳島』まで1.6kmという案内板を通り過ぎて少しだけ車道を直進させると,右側(山側)にツクシハギが横並びで,枝先にたくさん紅紫色の花をつけていた。
 秋の七草の1つに挙げられるだけあって,紅紫色と白色が混じっり合ったコントラストが美しく,白さが清楚な秋のさわやかさを演出しているように感じられた。

 ハギの花は5花弁で,蝶形花と呼ばれる。上方に反り返っているよく目立つものが旗のような形なので旗弁(きべん),下側に両側に開いているものが鳥の翼に見立てられ翼弁(よくべん),中心でおしべとめしべを両側から挟むような形となっているものが竜骨弁(りゅうこつべん)と呼ばれている。竜骨弁は,船の形に似ていることから舟弁とも言われる。

 名前は筑紫(九州の古称)のハギということだが,実際には四国や本州にも自生しており,由来が定かではない。ちなみにハギ(萩)の名前の由来は,次の3つの諸説がある。

 @ 古い株からも春にたくさんの芽を出すことから,生芽(はえぎ)が語源になって転訛した。
 A 生命力の強さから,復活を意味する生え木(はえぎ)が語源になって転訛した。
 B 枝で箒(ほうき)を作ったことから,「掃(はき)き」が語源になって転訛した。

ツクシハギ 写真
ツクシハギ 写真
ツクシハギ 写真
ツクシハギ 写真
ツクシハギ 写真
ツクシハギ 写真