HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ジュウニヒトエ ジュウニヒトエ 眉山 ジュウニヒトエ
【 シソ科 キランソウ属 】


 3月の下旬,眉山の車道を歩いていくと,白色の花をつけたジュウニヒトエがところどころに見られた。茎の先の花穂に,小さい上唇と大きい下唇に3つに分かれたシソ科特有の唇形花をつける。全体的に白い毛がたくさんついていた。キランソウかとも思ったが,花が白いことや葉がロゼット状についていないことなどからジュウニヒトエであると判断した。

 ジュウニヒトエという名前は,多くの花がいくつにも重なり合って咲く様子を,昔の宮中の女性が着た十二単(じゅうにひとえ)の着物に見立てたことに由来している。白色や薄紫色の唇形の花が花穂に集まって咲き,花茎を伸ばす姿は,見る人に高貴で優雅な印象を与えてくれる。同じジュウニヒトエでも,園芸品種の紫青色のものはセイヨウジュウニヒトエと呼ばれ,区別されている。
 宮中の女性が実際に着た十二単は十キロ以上もあって,か弱い女性では着れなかったのではないかと思う。 名前は同じだが,草花のジュウニヒトエは軽装で野に立っていて,すずしそうに見えた。

 私が見たときは,十分に花穂ができあがっていなかったが,4月になって立派な花穂をつけるジュウニヒトエは,新年度になり決意を新たに努力する方を応援してくれているように感じられる。

ジュウニヒトエ 写真
ジュウニヒトエ 写真
ジュウニヒトエ 写真
ジュウニヒトエ 写真
ジュウニヒトエ 写真
ジュウニヒトエ 写真