HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 アケビ アケビ 眉山 アケビ
【 アケビ科 アケビ属 】


 鋸歯のない先のへこんだ小葉を5枚もち,掌状複葉を成すアケビ。眉山では,車道の脇に見られる。
 アケビとミツバアケビの交雑種であるゴヨウアケビも5枚の小葉をもち,1枚1枚に波状の鋸歯がある。
ゆるやかな波状の鋸歯を小葉の葉縁につけているかどうかがアケビとゴヨウアケビの見分け方の1つになる。
 今年は春の草木の開花が早く,3月下旬にもう紫色の小花を垂れ下げていた。花弁はないが,白い萼片が花弁のようにも見える。ひとまわり大きく濃い紫色の筒状の花を直線的にピッと出している方が雄花で,やや小さく薄紫色の花を曲線的にやわらかく出している方が雌花である。
 雄花は力強く,雌花は優しく美しい。そんな男女の特徴が表現されていてすがすがしく思えた。


 名前は,小判型の果実が熟すと,白い美しい果肉が現れることに由来して,アケビ(開け実・開け美)である。人からのもらい物の実を食べたとき,種の多さには驚いた。実を食べているというより,種のまわりについている口の中で広がるゼリー状のものを舐め取っているという感じ。味は甘さだけではなく苦みもあって,不思議な味がした。

 このアケビの実が,昔は山里の子どもたちの大切なお菓子代わりだった。昔にタイムスリップした気分で,アケビの実をほうばり,その甘さを体感してみたいと思っている。    
 
アケビ 写真
アケビ 写真
アケビ 写真
アケビ 写真
雄 花
雌 花
アケビ 写真
アケビ 写真
雌 花
雄 花
白色をしたアケビの実 写真
白色をしたアケビの実 写真
実際の野山にはない品種改良された白色をしたアケビの実