HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 アオモジの花 ア オ モ ジ の 花 眉山 アオモジの花
【 クスノキ科 ハマビワ属 】


 3月下旬,円状のポツポツとした特徴的な模様の道路(「きつい傾斜道」と呼んでいる)に入ったすぐの付近から,城南町を見下ろすと,アオモジの花が見事なぐらい咲き乱れていた。このアオモジの花たちの姿が,サクラ開花の前兆のように感じられた。ほのかに鼻に香る匂いは,春の訪れそのものだろう。
 本来,アオモジは照葉樹林の林縁に生える小高木で,九州西岸から山口県までと文献には記されているので,徳島にあるのは植栽と考えるのが一般的である。そういう状況の中,この眉山にあるのは,植わっている場所から小鳥の種の散布によるものと私は予想している。
 

 私はクロモジをまだ十分に観察しことがないため,比較の中で言うのはおこがましいのだが,文献や手持ちの写真資料から見てみると,若枝の色合いや葉のつき方に若干違いがある。
 クロモジはきれいな黄緑色の若枝で葉が枝先に集まらないが,アオモジは暗緑色の若枝で葉が枝先に集まってつく。若枝の違いには,それぞれの名前に相反するという印象を受けている。

アオモジの花 写真
アオモジの花 写真
アオモジの花 写真
アオモジの花 写真
アオモジの花 写真
アオモジの花 写真