HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 クサギ クサギ 眉山 クサギ
【 クマツヅラ科 クサギ属 】


 眉山には,このクサギの木がよく見られる。私とこのクサギとの出会いは,春であった。「臭木」という名の由来の通り,葉を取って揉んでみると臭覚にくる独特の臭いがツーンと来た。植物のもつ生臭さを全面に持っている印象。
 しかし不思議なもので,何度も嗅いでいるとこの臭いも気にならなくなる。逆に,クサギに出会うたびに葉を手に取って臭いを嗅ぎ,「やっぱり,クサギだ。」とその個性を確かめてしまいたくなる。クサギの葉や茎は,下痢止めや胃もたれ,痔や腫れものなどの薬にも用いられるので,この臭みは有用な臭いであると,私は受け止めたい。

 8月には,5裂になった花冠がやや反り返り気味に開き,中から1本の雌しべと4本の雄しべを突き出していた。 夏の暑さに強そうな花で,少し離れて見ても雄しべや雌しべの突き出す感じが分かる。名前に気をとられがちだが,花の鮮やかさにも目を向けたい。
 徳島中央公園で,アオスジアゲハやナガサキアゲハがクサギの花に群がり,蜜を吸っているのを何度か見た。蝶にならないと分からないが,花の蜜は葉の臭みとは対照的な甘みがあるのかもしれない。   
 
クサギ 写真
クサギ 写真
クサギ 写真
クサギ 写真