HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ノブドウ ノブドウ 眉山 ノブドウ
ノブドウ科 ノブドウ属 】


 眉山には,通りの脇にヤブガラシとこのノブドウがよく見られる。巻きひげが伸びで,他の樹木に絡みついているのが特徴的だ。私が見たときは,花をつけ始めていた。葉の反対側から花序を出し,多数の黄緑色の目立たない小花をつける。花の全体的な形がヤブガラシに似ているように思う。栽培ブドウに対し,野にあるブドウであることが名の由来。ちなみに,実は食用にならない。
 葉は3裂が多く,葉縁に粗い鋸歯がある。葉が深く切れこんでいるものは,キレハノブドウと言う。

 名前は,野になるブドウということに由来して,ノブドウ(野葡萄)である。ヤマブドウと並んで,どちらかと言うと比較的新しい名前で,日本原産の葡萄類は古来からひっくるめてエビヅルやエビカズラの名前で呼ばれていた。ノブドウは食用にならないことから中国では蛇葡萄(蛇が食べる葡萄)と書かれ,今でも別名をヘビブドウ(蛇葡萄)である。
 
 私は,枝の節から出る巻きひげに注目したい。同科のヤマブドウやエビヅルとの違いは,次の通り。

○ ノブドウは花序に巻きひげが付き,枝の各節ごとに全て巻きひげが出ている。
○ ヤマブドウは花序に巻きひげが付き,巻きひげが1節ついて1節つかない。
○ エビヅルは花序に巻きひげが付かずに,巻きひげが2節ついて1節つかない。
 

  同じブドウ科のツル性樹木でありながら,巻きひげの付き方が違うのは興味深い。この3種類の違いから,巻きひげが一番多くついているノブドウを「巻きひげチャンピオン」と,私は呼びたい。
 

ノブドウ 写真
ノブドウ 写真
ノブドウ 写真
ノブドウ 写真