HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ヤブガラシ ヤブガラシ 眉山 ヤブガラシ
【 ブドウ科 ヤブガラシ属 】


 ヤブガラシは,山林に限らず公園や空き地など,あらゆる場所で見られる多年草のつる草本である。薮を枯らすほど繁殖力が旺盛なことが,名の由来である。確かに見てみると,蔓を伸ばして他の低木や植物に這い昇り,一面を覆いつくしている。こうなると,下になった木や植物は光を遮られ弱って枯れてしまうのがよく分かる。このヤブガラシを「貧乏蔓(びんぼうかずら)」と呼ぶこともあるようだ。意味としては,『庭がヤブガラシに覆われているような家は貧乏暇なしで,除草をするゆとりもない貧乏人だ』という皮肉が入っているような気がする。

 8月の上旬に私が見たときは,まだ十分に花が開いておらず,一部がオレンジであった。オレンジの部分は花盤(花柄の先端が盤上になったもの)で,まわりに4枚の緑色をした花弁がつく。オレンジの花盤には蜜腺があり,蜜を分泌するようなので,昆虫がよく集まる。
 人間にとって迷惑なつる性雑草も,花の蜜をしっかり昆虫に供給している。そういう視点で,今後もヤブガラシを見ていきたい。

ヤブガラシ 写真
ヤブガラシ 写真
ヤブガラシ 写真
ヤブガラシ 写真