HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

徳島県の樹木 眉山 モラエスのお墓と旧居跡 ☆ モラエスのお墓と旧居跡 ☆ 徳島県の樹木 眉山 モラエスのお墓と旧居跡

                
              〜 足を運びたくなったモラエスの「お墓」と「旧居跡」 〜

 図書館で拝読した『モラエスのとくしま散歩』(モラエス文学の背景 徳島市推せん図書)がきっかけで,モラエスの「お墓」や「旧居跡」に足を運んでみたくなった。年が明けて間もない1月上旬,モラエスにゆかりのある和田乃家で,「やき餅」を食べたり情緒ある「滝」や奥ゆかしいキバナアマ(黄花亜麻)の花を楽しんだりしてから,モラエスの「お墓」や「旧居跡」を実際に目で見てきた。

 『モラエスのとくしま散歩』(ちょうど,私が生まれたぐらいのときに出版)には,モラエス・おネヨ・コハルの墓は,並んで置かれていないと書いてあったが,それから月日がずいぶん過ぎて,墓の置き場所も何度か変わり,現在は潮音寺に整然と3つのお墓が並んでいる。モラエスのお墓の説明には,「日本の生活をこよなく愛し,当時の日本の様子を正しく海外に紹介した」と肯定的にモラエスのことが書かれていて,安心した。

 モラエスの旧遺跡は,今はもう普通の民家の1角に石碑と説明板があるばかりであった。しかしそれは,晩年の人生を徳島で過ごしたモラエスの名残りを惜しんでいるかのように思われた。
 
神戸・大阪総領事という立場ある公職に就いていたモラエスが,職を辞して,永住の決意で徳島に来た理由を,和田乃家のお店の方から伺った。おヨネの姉であるユキに,おヨネのお墓の追悼があるという連絡を受けたことが,直接の成り行きらしく,その連絡が来る前までは,島根にで生涯を過ごすつもりだったとか・・・。ずいぶん,徳島との関係が強いモラエスだが,その生涯の晩年の生活の地は,ちょっとしたことがきっかけになっていたようだ。
                                     
潮音寺 入口 写真
潮 音 寺 (阿波踊り会館の北側)
潮音寺 立て札 写真潮音寺 お墓の15m手前 写真
モラエス・おヨネ・コハルのお墓まで15m付近
潮音寺 お墓の9m手前 写真
モラエス・おヨネ・コハルのお墓まで9m付近の案内札
モラエス・おヨネ・コハルのお墓まで9m付近
3対のお墓が横に並んだ写真
モラエス・おヨネ・コハルの3つ並んだお墓
モラエスのお墓 写真
モラエスのお墓
モラエスのお墓についての説明
おヨネのお墓 写真
おヨネのお墓
おヨネのお墓の説明 写真
おヨネのお墓についての説明
コハルのお墓 写真
コハルのお墓
コハルのお墓についての説明
モラエス通りの立て札 写真モラエス通り 写真
モラエス通り(徳島市伊賀町)
モラエスの旧居跡の場所 写真
旧居跡(伊賀町3丁目)
モラエスの旧居跡の説明 写真
旧居跡の説明