HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ネザサ ネザサ 眉山 ネザサ
【 イネ科 メダケ属 】


 新年の元旦になると,眉山に足を運んでいる。自分を見失いそうになったとき,心機一転を誓うとき,家族で思い出作りのときなど,さまざまな状況で眉山にはお世話になっている。だから元旦になったら,「今年も,よろしくお願いします」と挨拶することを,習慣にするように心がけている。

 ネザサ(根笹)という名前の由来は,根のように見える地下茎が地面をはうように広がるササということにある。名前からすると,寝笹ではないかと誤認しがちだが,枝や葉はピンピンとしていて,寝笹ではないことがはっきり分かる。
 竹と笹の区別は諸説がさまざまだが,一番しっくり分かるのは,稈(稲・竹などの中空の茎のこと)のまわりについている皮。すぐに落ちるのが竹で,いつまでも稈に残っているものを笹。ただこの分類だと,メダケやヤダケが笹,オカメザサが竹になってしまい,ややここしく感じられる部分もある。

 幼少のころに父親と登山をしたとき,「ササが見えたから、あと少しだぞ。」と言われ,最後の余力をふりしぼって,頂上まで登っていった思い出が何度もある。あのころの私はいつも,このネザサが見えるポイントに来ると,急に元気に走り出し,一足早く着いた頂上から父親を大声で呼んでいた。
 頂上で買ってもらうジュースとふもとに降りてごちそうしてもらう「中華そば」をめあてに登っていた昔の自分が短絡的ではあったが,思い出としては非常に懐かしく感じられる。

ネザサ 写真
ネザサ 写真
ネザサ 写真
ネザサ 写真
ネザサ 写真
ネザサ 写真