HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 コクサギ コクサギ 眉山 コクサギ
【 ミカン科 コクサギ属 】


 3月下旬,眉山のサクラの名所である西部公園,そして蔵本公園へと続く慣れない道を車で降りながら,ひたすら見識のない樹木を探し回った。山頂から少し降りたところの車が駐車できるスペースのある曲がり角に,コクサギが数本見られた。
 
 和名は,クマツヅラ科のクサギのように強い臭気があり,クサギより小さいことから,コクサギ(小臭木)と呼ばれている。薄くて,てかてかとした光沢のある葉が印象的で,匂いをかいで見るとミカン科らしい匂いの中に,特有の臭気は多少あったが,臭い匂いには感じられなかった。

 晩冬に,コクサギの果実を見た。果実は3〜4個が分果して,一つずつは腎形。果皮は木質だった。
熟すと分果したものが2分裂し,その反動で黒い種子をはじき出す。私が見た果実は果皮だけで,おそらく種子をはじき出した後,またもとの形に戻ったのだ。妻が「これ,中に種入ってないよ。」と言っていたのもうなずける。

 その昔,この葉を煎じた汁で牛や馬のお尻を洗い,しらみを取ったり,除菌作用でハエが寄ってくるのを防いだりしていた。最近では,生ゴミの袋に入れて,幼虫が発生するのを防ぎ,生ゴミ独特の臭いを緩和させるのに使われ,ライフプランツ(生活密着型植物)として,違う視点からクローズアップされているようだ。コクサギに含まれる殺菌作用のアルカロイドが,様々な場面で効果的に作用している。

 コクサギは,アゲハチョウ科の食草としてもたいへん貴重な存在で,人間にも蝶にも愛される無限の可能性を秘めた樹木だと感じている。

コクサギ 写真
コクサギ 写真
コクサギ 写真
コクサギ 写真
コクサギ 写真
コクサギ 写真