HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 モミ モ ミ 眉山 モミ
【 マツ科 モミ属 】


 3月上旬,三寒四温もそろそろ終わりを迎え,晩冬から春にむかっていこうとしウメのつぼみも開花しようというころ,西部公園から長い階段を登りきったところに「忠霊塔」と記されている石碑があった。
 その石碑から少し左側に入った場所に,大きなモミがあった。その大きさに,しばし見とれてしまった。

 名前は,“揉みほぐす”の「もみ」からモミと名付けられたという説がある。この説の真意は分からないが,欧州では,冬でも枯れないモミを生命力の象徴とするので,疲れを“揉みほぐす”ぐらいだろうか。

 ただ,モミは日本固有の針葉高木なので,和名としての次の由来の説を信じたいところだ。
山部赤人が詠んだ『万葉集』の一説に,「伊予の高嶺の射狭庭(いさにわ)の岡に立ちして歌思い、辞(こと)思はししみ湯の上の樹群(こむら)を見れば臣の木も生き継ぎにけり鳴く鳥の声も変わらず・・・」とあり,この“臣の木(おみのき)”が転訛して,モミの木になった。

 この眉山のモミは,これからの山道に導いていくような場所に植わっている。植わっている場所から,これから眉山を登る人たちにエールを送っているようで,非常に風情が感じられる。

モミ 写真
モミ 写真
モミ 写真
モミ 写真
モミ 写真
モミ 写真
石碑 写真
石碑 写真
西部公園から続く長い階段を登りきったところにある石碑