HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ノキシノブ ノキシノブ 眉山 ノキシノブ
【 ウラボシ科 ノキシノブ属 】


 3月上旬,三寒四温もそろそろ終わりを迎え,晩冬から春にむかっていこうとしウメのつぼみも開花しようというころ,西部公園を訪れた。クスノキやソメイヨシノの幹に,所狭しとばかりにシダ植物のノキシノブがびっしりと葉を出していた。樹木の幹肌を覆い隠すほどの数で,その繁殖力には驚くものがある。

 名前は,家の軒先に生育し,土が無くても堪え忍ぶということに由来している。なんとも我慢強い名前で,おもしろい。樹木の幹,崖や石垣など,驚くべき場所に自然発生することが多い。

 降雨時にはたっぷりと水を吸い,湿っているわずかな期間だけに光合成を行い,後はひたすら堪え忍ぶ生活をしているノキシノブ。乾燥がひどくなると,葉を内側に巻きこみながら細くよれて,形を変えながら乾燥に耐える姿は,まさに名前の由来通りだ。

 ノキシノブの生育場所を樹木として見ると,老木や大木などの樹齢の長い樹木の幹につくことが多いように思う。そう考えると,ノキシノブは長年生きてきた樹木への勲章にも感じられるのだ。

ノキシノブ 写真
ノキシノブ 写真
クスノキの幹に付いたノキシノブ
ソメイヨシノの幹に付いたノキシノブ
ノキシノブ 写真
ノキシノブ 写真
ノキシノブ 写真
ノキシノブ 写真