HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 スギ ス ギ 眉山 スギ
【 スギ科 スギ属 】


 3月上旬,三寒四温もそろそろ終わりを迎え,晩冬から春にむかっていこうとしウメのつぼみも開花しようというころ,西部公園に車を止めて,登っていくとスギがたくさん見られた。眉山は,県内の他の山々に比べると,スギの割合は少ないほうだと思うが,それでも日本特産の針葉樹の高木として植林されている箇所が例外なく見られる。いつもであればスギを意識して見ることもないのだが,花の少ない季節,どこかスギに思いを寄せてみようという気持ちになった。

 名前は,真っすぐ伸びる「直木(すぐき)」が転訛したことから,スギと呼ばれている。スギの樹木の足元には,たくさんの球果が落ちていた。花は雄花と雌花がある。枝先につく黄色い花粉を散布させている雄花のおびただしい姿は,遠目からでもはっきりと分かり,これも季節の表現の1つだと感じた。
 
 以前,県内の木頭に3年間住んだとき,植林されたスギがあらゆるところに群生している姿をよく目にしていた。そのころ,なぜ,日本国内の山々でこれほどたくさんスギが植林されているのかという疑問,そしてそこには必ず人間の意図があるだろうという思いを抱いていた。
 
 スギは,戦後,空襲で焼けた家の材料や薪として使われ,裸のようになった山々を再生するため,そして,60〜70年代の建築ブームに対応する国の計画のために,これほど多くの山々に人工林として植林されてきた。その際,スギが選ばれたのは,割裂性がよく,薪割りのように割ることによって角材から板材までを作ることができ,まっすぐ伸び軽いため加工がしやすいことが挙げられる。
 今でこそ,スギによる花粉症(私もそうだが・・)の人がこれほど増え,毎年私達に嫌な大量の花粉を飛散し続けているというイメージをもたれているが,日本の再生の一端を担ってきた立役者であることを忘れてはならないだろう。

スギ 写真
スギ 写真
スギ 写真
スギ 写真