HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 テーダマツ テーダマツ 眉山 テーダマツ
【 マツ科 マツ属 】


 3月下旬,眉山のサクラの名所である西部公園,そして蔵本公園へと続く慣れない道を車で降りながら,ひたすら見識のない樹木を探し回った。山頂から少し降りたところの道が膨らんだ場所に,テーダマツの大木が何本もそびえ立っていた。

 名前のテーダマツは,学名で呼ばれるPinus taedaの「樹脂に富む木材」を意味するtaedaからつけられたようだ。北アメリカ南東部原産の高木で,原産地では高さが25〜30mに達する。

 私はこのマツをしばらくの間,ダイオウショウだと思いこんでいた。原産地も同じような場所で,針葉も三出葉で,球果(松ぼっくり)も日本のものよりずいぶん大きくて似ている。
 しかし,調べたり聞いたりした話によると,テーダマツはの針葉は20cmくらいなのに対して,ダイオウショウの針葉は世界中のマツの中で最も長く,30cm以上。大王松と書きダイオウマツと読むこともできるのも,おそらく針葉の長さに由来していると考えられる。
 また,松ぼっくりはテーダマツが10cm前後なのに対して,ダイオウショウは20cm以上あり,その人気は絶大である。大きく成長したダイオウショウはめったに見られないこともあって,何年後かまで松ぼっくりをもらう人が予約で決まっていると聞くから,驚きだ。

 
マツと言うと,庭木のクロマツ,山林のアカマツ,そして盆栽で使われるゴヨウマツがすぐに思い浮かぶ。クロマツアカマツは松葉が2本,ゴヨウマツは名前の通り松葉が5本だ。一方,このテーダマツの松葉は3本(ごくまれに4本)であった。テーダマツのような北アメリカ原産のマツは,三出葉が多いことが分かった。普段数えることのない松の針葉の数だが,意識して見るとそこに発見がある。

 松ぼっくりをいくつか拾ってみると,小さいものでも大人の手のひらサイズで,その名に恥じない立派な大きさだった。家に持ち帰って,玄関のところに飾ると,おしゃれなインテリアになった。
 テーダマツの松ぼっくりを見つめるたびに,ダイオウショウの松ぼっくりへの憧れが,より大きくなる。

テーダマツ 写真
テーダマツ 写真
テーダマツ 写真
テーダマツ 写真
テーダマツ 写真
テーダマツ 写真