HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 アオキ アオキ 眉山 アオキ
【 ミズキ科 アオキ属 】


 野生の雑木林でも植栽の園芸地でも,どちらにもよく植わっているアオキ。普段からよく目にしていて,珍しいわけでもないアオキだが,3月下旬に群生地で芽だしが始まっていて,妙に心に残った。

 葉柄をぴんと伸ばしてぴかぴかと照り輝く新葉の姿が,ひときわまばゆかった。アオキの葉は光沢があるので,新葉となればなおさらである。生き生きとした若緑色の葉に,躍動感を感じた。
 そして,晩秋から冬にかけて目にする楕円形の真っ赤な実は,濃い緑色の葉との色の対比感が強く,元気な印象を与え続けてくれる。

 花柄を伸ばして蕾をつけていたが,いくつかはすでに花をつけており,春の息吹きも感じさせてくれた。
 アオキは雌雄異株で,雄花には4本の雄しべが目立ち,雌花には太く短い雌しべが1本だけになっているので,区別は簡単にできる。
私が見たのは,紫褐色の小さな花弁の内側に4本の雄しべがはっきり分かる雄花であった。小さくてかわいらしい花である。

 名前の由来は,無毛で光沢のある若い枝の緑色が印象的なことから,青木(アオキ)である。
別名の青木葉(アオキバ)も1年中,幹や葉っぱが青々としていることによる。

アオキ 写真
アオキ 写真
アオキ 写真
アオキ 写真
アオキ 写真
アオキ 写真