HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 フウトウカズラ フウトウカズラ 眉山 フウトウカズラ
【 コショウ科 コショウ属 】


 登山口どうしをつなぐ道を歩いていくと小さな架け橋があり,そこの一帯にフウトウカズラがびっしりと蔓をまいて絡みついていた。フウトウカズラは節から伸びた気根を周りのものにくいこませて,こういった岩上やスダジイやエノキなどの樹木に絡み上がって伸びていく姿をときおり見かける。その風景は独特の雰囲気を出していて,生育力の強さを感じさせる。

 フウトウカズラは長崎ゆかりの植物で,江戸時代にドイツ人のオランダ商館付医師として長崎の出島に来日したシーボルトが名づけたと言われている。フウトウカズラの「風籐(フウトウ)」とは日本には無いという意味で,間違ってつけられた和名ではないだろうか。分類がコショウ科コショウ属となっているのは,香辛料のコショウが採れるインド原産のコショウに似ていることによるものだが,残念ながらコショウの代わりにはならない。冬になるとコショウに似た赤い実をつけるが,辛味はないようだ。

 一般には邪魔もの扱いされるツル植物だが,野生の雰囲気を演出してくれる意味では,このフウトウカズラもずいぶんな演技力をもった植物の一つかもしれないと感じている。

フウトウカズラ 写真
フウトウカズラ 写真
フウトウカズラ 写真
フウトウカズラ 写真