HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ガマズミ ガマズミ 眉山 ガマズミ
【 スイカズラ科 ガマズミ属 】

 
 日本の固有種で,多くの山林に生育する落葉中木。花は白い小花が枝先に集まっていて,長い雄しべが出ている姿が特徴的であった。少し離れてこのガマズミの花を見ると,花に刺があるかのように見えた。キッチンのテーブルにアクセントを入れるときには,このガマズミの花をそえるとよいと思う。
 葉は広卵型か円形で対生し,ゆるやかな鋸歯があった。側脈はしっかりと葉縁にまで達しているのが観察することができた。葉の両面には手触りで分かる星状毛があり,このへんでミヤマガマズミと区別することができる。
 ガマズミの名の由来には諸説があり,私が調べたものでは次の3つがある。

@ 「赫つ実(かがつみ)」【赤色に輝く実】が転訛して,ガマズミになった説。
A 漢名の「夾迷(きょうめい)」の音読みが「カメ」から「ガマ」に転じ,「酸実」(酸っぱい実)が付いた説。
B 「ガマ」の意味は鎌の柄を用いたことに由来し,「ズミ」は果実を衣類の「染め」にしたことによる説。

 このガマズミの赤く熟した実,野鳥の好物であることはもちろんだが,人間の食用ともなる。よく聞くのがガマズミ酒と言われるお酒である。飲んだことがないので味は分からないが,ガマズミの実の色を楽しめるのが興味深い。木の実を使った果実酒はいくつかあるので,味や色,香りを楽しんでいきたい。   
 
ガマズミ 写真
ガマズミ 写真
ガマズミ 写真
ガマズミ 写真