HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ハラン ハラン 眉山 ハラン
【 ユリ科 ハラン属 】


 3月下旬,半日陰の場所にハランが見られた。長い葉柄に,50cm以上ある長楕円状披針形の大きな葉は,いつ見ても豪快である。いったいどうやって花をつけるのかと思っていたが,地面すれすれに球根のような2cmほどの花芽ができて,王冠のような目立たない花をつけるようだ。

 ハランの名前は,大きなランを意味する中国名のバラン(馬蘭)に由来し,江戸時代にバランと呼んでいたのがハランに転訛して,葉蘭という字が当てられた。個人的には,黄葉した波打つ姿の美しさから波瀾(ハラン)ではないかという思いもある。

 ハランの葉は,生け花や料理の仕切り(飾り)に使われることが多い。料理の仕切りとしては,幕の内弁当や寿司折りの仕切りによく使わるが,最近のものは,プラスチック製のハランでこの葉の加工品を模造したものである。

 私は未経験だが,年配の方であれば,ハランの葉で包んだおにぎりやお寿司を経験しているかもしれない。興味深いのは,江戸前のお寿司は笹の葉を使うが,関西のお寿司ではこのハランの葉が使われるということだ。昔話『おむすびころりん』で,おじいさんのおにぎりを包んだ葉が笹だったことは,時代的なものだったのか地域的なものだったのかと深く考えさせられるおもしろい事実である。

ハラン 写真
ハラン 写真
ハラン 写真
ハラン 写真