HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ヒメヒオウギズイセン ヒメヒオウギズイセン 眉山 ヒメヒオウギズイセン
【 アヤメ科 ヒメトウショウブ


 7月になってから,眉山でもやや低い場所に,ヒメヒオウギズイセンの花が目立つようになってきた。
 赤朱色の花が枝の上部で枝分かれしていて,1つ1つは小さく目立たないが,群生していると夏の暑さを象徴するような美しさが感じられる。

 名前は,葉がヒオウギ(檜扇)のようで,花(球根という説もある)がスイセンに似て全体に小型なことから,ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)と呼ばれている。

 観賞用に輸入されたヒオウギズイセン(檜扇水仙)と,ヒメトウショウブ(姫唐菖蒲)をヨーロッパで交雑させてできた園芸植物で,日本には明治の中期に持ちこまれた。
 園芸植物が,これだけ野生化しているのは,このヒメヒオウギズイセンの繁殖力の強さを表している。数十年の年月を通して,果実にできる種と地下茎で猛烈に繁殖してきたのだろう。そう考えると,昔の野生にこんな色鮮やかな花はなかったはず。
 今の野生も,数十年後には,帰化植物や園芸植物たちがさらに踏みこんだ姿になるかもしれない。

ヒメヒオウギズイセン 写真
ヒメヒオウギズイセン 写真
ヒメヒオウギズイセン 写真
ヒメヒオウギズイセン 写真