HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ヒメコウゾ ヒメコウゾ 眉山 ヒメコウゾ
【 クワ科 コウゾ属 】


 和紙をとる樹木と言えば,コウゾやミツマタが思い浮かぶ。このうち,コウゾはヒメコウゾとカジノキの交雑種になる。ヒメコウゾは,コウゾから出来た交雑種のように思われがちだが,じつはその逆で,ヒメコウゾの方が原種になる。コウゾと比べると,ヒメコウゾは葉柄がだいぶ短くて,葉の幅が狭く裏面は無毛である。コウゾが,葉柄の長いカジノキの血を引いていることを考えれば,納得はできる。

 名前は,コウゾより小形なので,ヒメコウゾ(姫楮)と呼ばれている。コウゾは樹皮が非常に強いので和紙の原料とされており,、「紙麻(かみそ)」→「かみぞ」→「こうぞ」のように名が変化した説がある。紙の原料になることから,別名を「紙の木(かみのき)」とも言われている。
 学名のkazinokiは,命名者のシーボルトがコウゾをカジノキと間違えたことが言われのようだ。同科の似ているものとして,マグワやヤマグワ,カジノキなどがある。分かる範囲で違いを押さえておきたい。

 ○ ヒメコウゾは葉先が尾上に長く伸びていて,鋸歯そのもはマグワやヤマグワより細かい。
 ○ カジノキは低木で,一定して切れこみのあるものが多い。
 ○ ヒメコウゾの実は球形だが,マグワやヤマグワの実は楕円形をしている。

 ヒメコウゾの雌花序は,印象的だった。雌しべの子房の部分を中心にして,赤褐色の花柱が四方八方に伸びている姿が,神秘的な小惑星に思えた。コウゾの雌花序の方が、赤紫の糸状の花柱が長くて目立つようだ。小さな昆虫になった気分で,雌花を見てみると,どれだけおもしろいことだろう。

ヒメコウゾ 写真
ヒメコウゾ 写真
ヒメコウゾ 写真
ヒメコウゾ 写真
ヒメコウゾ 写真
ヒメコウゾ 写真
ヒメコウゾ 写真
ヒメコウゾ 写真