HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 イボタノキ イボタノキ 眉山 イボタノキ
【 モクセイ科 イボタノキ属 】


 谷沿いの明るい森林や林縁などに普通に生育する落葉低木である。名前は,樹皮にイボタロウムシが寄生し,その虫が分泌する白いろうを「いぼたろう」と呼ぶことからイボタノキと言われる。この白いロウ状の物質である「いぼたろう」は,疣(いぼ)取りの薬や家具の艶出しなどに用いられている。

 5月の中旬に見たときには,花はまだ蕾の状態でしっかりと開いていなかったが,図鑑で開いた様子を見るとネズミモチにそっくりであった。葉はモクセイ科なので対生している。葉先が尖らず,丸みを帯びている姿はは特徴的である。
 
 冬に黒紫色をした落葉したイボタノキの実を見たときには,ネズミモチの実と見間違えるほど瓜二つであった。花や実の様子から「落葉のネズミモチというあだ名もあるようだ。モクセイ科の樹木は,庭や公園などに植えこみされている場合が多いと思うが,イボタノキは野生でよく見られるので「野生のモクセイ科」と呼んでもいいのではないだろうか。
 樹木にあだ名をつけることが,私と樹木との思い出を1つ増やしてくれるような気がしている。

イボタノキ 写真
イボタノキ 写真
イボタノキ 写真
イボタノキ 写真
イボタノキ 写真
イボタノキ 写真
イボタノキ 写真
イボタノキ 写真