HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 カナムグラ カナムグラ 眉山 カナムグラ
【 アサ科 カラハナソウ属 】


 眉山病院から出たすぐにあるベンチ。そのベンチの近くに,ツル性の葉をつける1年草のカナムグラがあった。カナは「鉄」 のことで,茎が丈夫であるという意味。ムグラは茂った雑草のことを言うようだ。名前の由来からして,相当に根強く生命力のありそうな草本だ。河川敷に生えるクズの中に,このカナムグラを見ることもある。葉は対生し,深く切れこみがあり,5〜7に手のひらの形に分裂していた。
 カナムグラについては,印象深いことは次の2つである。

 @ 毬状の花がビールの原料とされているホップの近縁種であること。
  (*・・・ホップとは,ベルギーのポペリンゲという町で植樹されたことに由来している。)
 A オレンジの羽根に黒の班模様が美しいキタテハの食草になっていること。
 B 葉の両面に荒くざらついた毛があり,洋服にくっつけると,この毛が粘着力になって離れない。

 私は,Bのカナムグラの粘着力に,時代を超えた遊び心を感じる。こんな時代だからこそ,カナムグラの葉をたくさん服につけて遊ぶような,体いっぱいに自然を表現できる子どもが育ってほしい。

カナムグラ 写真
カナムグラ 写真
カナムグラ 写真
カナムグラ 写真