HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 キハギ キハギ 眉山 キハギ
【 マメ科 ハギ属 】


 通りを歩いていると,崖沿いにこのキハギが斜めに伸びるように自生していた。名の由来は,木の萩。草本のように見えるハギ属においては最も木らしい丈夫なハギで,明らかに木本であると感じた。

 花は,葉腋から総状花序を出し,淡紫色でときに黄色を帯びる。8月上旬では,花はついてなかった。秋の七草の一つに数えられるハギの花が一面に咲く様子を見ると,季節が移り変わったことを感じる。葉は3出複葉で,図鑑には小葉の先が鋭く尖っている様子が掲載されていたが,私が見たキハギは丸みを帯びているものも多くあったので,小葉の形で判断すると間違いやすいと思った。

 キハギは典型的な木本であることを手がかりにしながら,全体像を遠景として見ることを心がけたい。

*葉腋(ようえき)・・・茎の一部で,葉が茎に付着している部分のすぐ上側を指す。
*総状花序(そうじょうかじょ)・・・長く伸びた花軸に,複数の花柄が間隔をあけてつくもの。フジなど。

キハギ 写真
キハギ 写真
キハギ 写真
キハギ 写真