HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 マルバアオダモ マルバアオダモ 眉山 マルバアオダモ
【 モクセイ科 トネリコ属 】


 山野の日当たりのよい場所に見られる落葉樹。
 雌雄異株で,円い葉のアオダモの意味からマルバアオダモと言われている。大きく成長すると小葉は細長く,先端が尖るので別名をホソバアオダモとも言うらしい。アオダモの語源は,木の枝を切って水に漬けておくと水が青くなることからだそうだ。マルバアオダモのもう1つの別名は,属名の入ったトサトネリコだ。トネリコとはトヌリキ(戸を塗る木)よりきたと言われ,この木に寄生する虫により分泌した白蝋(はくろう)をトネリと呼び,戸滑りに用いたという話もある。

 マルバアオダモの枝を見てみると,先に暗褐色の模様があった。その一部分は,突起している皮目になっていた。おそらくこの暗褐色の皮目が,枝についた冬芽になっていくのだろう。5月になって見られた細い糸のような白色の花弁には,繊細さを感じた。

 マルバアオダモは,眉山の山野によく見られる。一方,アオダモはあまり見られず,むしろ北国に多いのかもしれない。アオダモの材から野球のバットが作られるようで,優れた弾力があるということの証明だと思っている。

マルバアオダモ 写真
マルバアオダモ 写真
マルバアオダモ 写真
マルバアオダモ 写真
マルバアオダモ 写真
マルバアオダモ 写真
マルバアオダモ 写真
マルバアオダモ 写真