HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 マルバウツギ マルバウツギ 眉山 マルバウツギ
【 ユキノシタ科 ウツギ属 】


 日当たりのよい山地に生える落葉低木である。ウツギと同様に茎の髄が中空になること,葉が卵状に円形になることから円葉空木(マルバウツギ)と呼ばれる。確かに葉を比べてみると,ウツギは葉先が長く尖る特徴に対して,マルバウツギは葉全体が太く丸くなっていた。
 5月の中旬に見たこのマルバウツギの花は,枝先に十数個ほどのたくさんの鮮やかな白い花をつけており,初夏の喜びを見る人に教えてくれているようだった。花が小さくて遠くで見ると気がつかないが,蟻になった気分で近くで見ると一つの枝先から出ている花の集まりが小さな雲になっているように思えて,非常にさわやかに感じられた。
 ウツギは平開しない大きめの花をつけるが,マルバウツギは平開した小さめの花で,花盤のオレンジ色がよく見えている。私は,この平開している花の様子に注目したい。小さいながらも,力を抜くことなく全力で生きている姿が愛しく思える。小さくても,自分ができることをやり遂げる精一杯さが素晴らしい。
 普段,気がつかないような人の頑張りにこそ,世の中が支えられていることを感じたいと思う。

マルバウツギ 写真
マルバウツギ 写真
マルバウツギ 写真
マルバウツギ 写真
マルバウツギ 写真
マルバウツギ 写真