HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ミミズバイ ミミズバイ 眉山 ミミズバイ
【 ハイノキ科 ハイノキ属 】


 登山口どうしをつなぐ道を歩いていると日当たりのよい場所に,ときおりミミズバイが見られる。
樹皮だけ見ると,雰囲気はヤマモモのような白っぽい平滑な感じであった。葉の形や枝先に集まって隆起しながらつく様子などをパッと見ると,ヒメユズリハに似ているようにも思えるが,葉柄の赤みがなく,葉の裏面に網状脈が無いことで区別することができる。

 本には,「暖地沿岸部の照葉樹林内に自生」と記載されていた。徳島では眉山と文化の森総合公園でしかミミズバイを見たことがないが,以前,静岡県浜松市の沿岸部を訪れたときに,ミミズバイがおびただしいほど群生していたのを覚えている。当時はミミズバイと言う名前を知るのも初めてだった。

 名前は,長卵形の果実がミミズ(蚯蚓)の頭のように見えること,枝に並んで花序をつけるハイノキの仲間であることなどからミミズバイ(蚯蚓灰)と呼ばれている。
 
果柄が短く,枝から直接ついているようないびつな長卵形の果実の形は,名前の由来と合わせて大変おもしろく,ずっと見ていても飽きることはない。
 野生感のあるミミズバイは,「眉山で観察をするときの親しみある友達」と思って,いつも見ている。

ミミズバイ 写真
ミミズバイ 写真
ミミズバイ 写真
ミミズバイ 写真
ミミズバイ 写真
ミミズバイ 写真
ミミズバイ 写真
ミミズバイ 写真