HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ニガナ ニガナ 眉山 ニガナ
【 キク科 ニガナ属 】


 5月初旬,眉山病院付近ににムラサキケマンが生えている場所を見つけていたので,ムラサキケマンを食草とするウスバシロチョウを採りに行った。蝶の採取の後で,登山口どうしをつなぐ道を歩いていると,ニガナの花が咲いていた。5枚の黄色い舌状花を出して,小さな風車のような形をしていた。

 名前は,茎や葉を切ると苦みのある乳液を出すので,ニガナ(苦菜)と呼ばれている。ウサギは,この苦みを好んで食べるようだ。山地や野原の日当たりのよいところに普通に生える多年草だが,野原ではあまり見たことがなく,丘陵地や低い山地で見た記憶の方が多い。
 キク科にしては,舌状花が少ないため,繊細な感じはあるもののすっきりした印象をもつ。

 類縁のものとしては,海岸に生えることに由来をもつハマニガナ(浜苦菜),舌状花が白いシロバナニバナ(白花苦菜)などがある。ハマニガナ・シロバナニガナ共に,ニガナより頭花が大きく,舌状花が 7〜11枚ほどあるので,花を見れば簡単に見分けがつくような気がする。

ニガナ 写真
ニガナ 写真
ニガナ 写真
ニガナ 写真
ニガナ 写真
ニガナ 写真